このブログについて

【絵本エリア】
絵本エリアでは、保育園で読んでもらった絵本の紹介・わが子の大好きな絵本の紹介をしています。
子供と絵本を楽しめるのは、ごく限られた時期だけです。
ぜひ、家庭で絵本の時間をたくさんもうけてくださいね!

お気に入りの絵本の紹介は随時募集していますので、絵本ブログ更新担当までお気軽に!!

【おすすめ商品エリア】
こぐまっこ御用達のアイテム・グッズ、季節ごとのあったら便利な商品を紹介しています。
近所のお店ではなかなか見つからない、きんちゃく袋タイプではないカバンタイプの寝袋や、夏のベンハーサンダル(鼻緒つき・足の甲の部分が広いタイプ)がおすすめです!

このブログおよび、こぐま会ホームページ>こぐま商店のリンクより商品を購入されると、
お買物金額の数パーセントがこぐま会の広告収益となります。

購入者はリンクを経由するしないに関わらず、お買物金額は同じです。
こぐま会の支援に御協力いただけますよう、お願いいたします。

わんぱくだんのにんじゃごっこ

【5月 山組で読んでいる絵本】

わんぱくだんのにんじゃごっこわんぱくだんのにんじゃごっこ
(2003/01/01)
ゆきの ゆみこ、上野 与志 他

商品詳細を見る


こいのぼりじま

【5月 山組で読んでいる絵本】

こいのぼりじま

 《こいのぼりじま》   こさかまさみ作 /かつらこ絵

定価(本体390円+税)      ページ数: 32
●対象年齢5才~6才向き   サイズ: 27X20cm

とべバッタ

とべバッタ (田島征三)とべバッタ (田島征三)
(1988/07/01)
田島 征三

商品詳細を見る


【10月園便りより 山組で読んでいる絵本】

 草むらにバッタを見つけては「とべ!バッタ!」と、

目を輝かせています

 「4枚のはねが見たい。」絵本で見たそのままが、

子どもたちの暮らしと重なっています。

かいじゅうたちのいるところ

かいじゅうたちのいるところかいじゅうたちのいるところ
(1975/12/05)
モーリス・センダック

商品詳細を見る


【10月園便りより 山組で読んでいる絵本】

 「1しゅうかんすぎ、2しゅうかんすぎ、ひとつき、ふたつきひがたってーーー

かいじゅうたちのいるところ!」お気に入りのフレーズも一緒に言ったり、

かいじゅうたちと一緒に踊ったり。

あさえとちいさいいもうと

あさえとちいさいいもうと (こどものとも傑作集)あさえとちいさいいもうと (こどものとも傑作集)
(1982/04/20)
筒井 頼子

商品詳細を見る


【6月園だより 山組で読んでいる絵本】

 大切な妹がどこかへ行ってしまい一生懸命に探すあさえちゃん。

 本気で心配しながら見る子ども達。

 見つかったら、「よかったー!」と言っていました

まいごになったぞう

まいごになったぞう (はじめてよむ絵本)まいごになったぞう (はじめてよむ絵本)
(1989/01)
寺村 輝夫

商品詳細を見る


【5月園だより 山組で読んでいる絵本】

 「あばば、うぶー。」とぞうの赤ちゃんが言うと、子どもたちも「あばば、うぶー。」

 可愛いぞうの赤ちゃん。お母さんに会えてよかったねー。といつも言っています

夢わかば



【8月園だより 山組で読んでいる絵本】

 6月23・24日。福岡の「つながりあそび・うた サマーカレッジ」に職員4人で参加してきました。
 二日間の研修を通して3人の講師の方々(二本松はじめさん・中山譲さん・町田浩志さん)のうたや踊りに込められた思いに触れ、また、被災地を訪れ、
「まだまだ復興には程遠い日々を送っている方がたくさんいる。食べ物、飲み水に困っている方。生活は出来ているけど、大切な人を失って、その思いを抱えながら生きている多くの方。そんな中、再稼働された原発。政府への憤り。そして、最後に私たちができる最大限のことをしています。」
と語られ、その支援のひとつとして二本松はじめさん(ぴかりん)を中心に「みんなの夢わかばプロジェクト」として、被災した岩手・宮城・福島の全保育園・幼稚園へ『夢わかば』の紙芝居を送る運動が行われています。全ての子どもたちが「僕らは生まれてよかったよ 僕らを産んでくれてありがとう」と歌いきれる季節を信じ・・・。

 この思いを山組さんとも共有できたら…と、クラスで絵本「夢わかば」を読み、歌いました。

【担任】「ぴかりんっておじちゃんから大切なお話を聞いたんだよ。みんなは地震とか津波とかあったの知って
     る?」
【子供】「知ってるー!」「テレビで見たことあるー!!」
【担任】「それでね、地震や津波で壊れてしまったり、なくなってしまった保育園もあってね、みんなと同じ3歳
     の子どもたちも悲しい思いをたくさんしたんだよ。」
と伝えると、それまでワイワイ騒いでいた子どもたちの表情が変わり、それぞれに感じたり考えたりしているように感じました。
【子供】「保育園がなくなったらイヤよねぇ」「だから、さみしいのかねぇ」
と。子どもたちがどこまで理解できるか…ではなくて、大人が何を伝えたいかが大切。子どもたちには、きっと届いている。

おおきなかぶ

おおきなかぶ―ロシア民話(こどものとも絵本)おおきなかぶ―ロシア民話(こどものとも絵本)
(1966/06/20)
A.トルストイ

商品詳細を見る


【7月園だより 山組で読んでいる絵本】

 羊たちのエサとりの場面でも「くずをひっぱるおじいさん、それをひっぱるおばあさん~。」

なんてうたいながら引っ張る姿が。絵本にならって《子》「ここ持って!」と前の子の服を引っ張って

つながっていくもんだから仕事ははかどらないけど

とっても楽しそうな子どもたちです。

すういの とん くにゃり

「すういの とん くにゃり」

   作: 澤口 たまみ
   絵: 福知 伸夫
   出版社:福音館書店
   税込価格:¥380
   (本体価格:¥362)       
   ちいさなかがくのとも 2006年4月号
   対象: 3才~4才~5才

【6月園だより 山組で読んでいる絵本】

 “すういの とん くにゃり”と、ひたむきに歩む尺取虫の絵本

 その言い回しの面白さと、動きを真似る面白さ。そして、実際にお山のあちこちで

尺取虫を見つける嬉しさとが相まって、クラスで大ブームになりました

『11ぴきのねこ』シリーズ

11ぴきのねこ シリーズ11ぴきのねこ シリーズ
「11ぴきのねこ」 「11ぴきのねことあほうどり」
「11ぴきのねことぶた」「11ぴきのねこふくろのなか」
「11ぴきのねことへんなねこ」 「11ぴきのねこどろんこ」

(1996/02)
馬場 のぼる


商品詳細を見る



4月 山組で読んでいる絵本

園だよりより

 さんぽ中に「われわれ11ぴきは~」の言い回しを「われわれ16ぴきは~(現在、山ぐみは16人)」と

言いながら嬉しくなったり。

 竹取りに行った時も「力を合わせよう」と言って、「ねこたちも力を合わせよったよねぇ」と、この絵本を

思い浮かべたりしていましたよ。

このブログについて

【絵本エリア】
絵本エリアでは、保育園で読んでもらった絵本の紹介・わが子の大好きな絵本の紹介をしています。
子供と絵本を楽しめるのは、ごく限られた時期だけです。
ぜひ、家庭で絵本の時間をたくさんもうけてくださいね!

お気に入りの絵本の紹介は随時募集していますので、絵本ブログ更新担当までお気軽に!!

【おすすめ商品エリア】
こぐまっこ御用達のアイテム・グッズ、季節ごとのあったら便利な商品を紹介しています。
近所のお店ではなかなか見つからない、きんちゃく袋タイプではないカバンタイプの寝袋や、夏のベンハーサンダル(鼻緒つき・足の甲の部分が広いタイプ)がおすすめです!

このブログおよび、こぐま会ホームページ>こぐま商店のリンクより商品を購入されると、
お買物金額の数パーセントがこぐま会の広告収益となります。

購入者はリンクを経由するしないに関わらず、お買物金額は同じです。
こぐま会の支援に御協力いただけますよう、お願いいたします。
プロフィール

kogumakai10

Author:kogumakai10

山口県宇部市のこぐま保育園の 保護者と職員・支援者による
「こぐま会」です。

カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
カウンター
こぐま商店


楽天市場

楽天トラベル

じゃらんnet
検索フォーム